このblogはもりぞうの平凡な日常を淡々と書いていくものです。過度な期待はしないで下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
フェイクシティ/ある男のルール
2009-03-06 Fri 23:59
違う、違う
こんばんは~もりぞうです。

それじゃない~!

本題へ~
    
2009/2/14公開
フェイクシティ/ある男のルール」を観て来ました。

あらすじ
ロサンゼルス市警のトム・ラドロー刑事は、
かつてのパートナーを目の前で殺されたあげく、その犯人を取り逃がしてしまう。
ところが、単なる殺人では終わらず、事件の裏には巨悪の陰謀が隠されていた。
ラドローは踏みにじられたプライドを懸け、
後戻りできない“エリア”に足を踏み入れる決意をするが……。
(シネマトゥデイ)

評価「A」
今年入って観に行った映画の中では一番面白かった。
そういう意味で「A」かな~。
展開も話が進むにつれに分かるのですが、分かっていても面白い、飽きない!
あと、キアヌリーブスこういう役もいいじゃないか!って思いました。
展開を楽しむのも有りですが、キアヌの演技、主人公の正義を貫く姿が見所だと思います。

法を守って(曲げてはいるが)自分が思う正義のためになりふり構わず進む!
悪を問答無用で殺していく、正義のために・・・

こういったら誤解が生じるかもしれませんが・・
劇中に「法(ルール)を超えた仕事は 誰がやるんだ」とう台詞があります。
悪(腐敗した組織etc...)をどうにかするためには、
ルールを守って真正面から正々堂々といってもどうにもならないことが多いと思います。
誤解を恐れず言いますと・・・このような人が日本にも現れないかな~と。

では、また~♪
別窓 | [映画]感想 | コメント:0 | トラックバック:0
<<Gv結果:2009年 3月 第1週 | Pass The Time 2009 | 2009年3月7日公開映画 一覧>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Pass The Time 2009 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。